GLOBAL MX-5 CUP JAPAN
「GLOBAL MX-5 CUP」は、すでに先行してアメリカで開催されている人気のレースシリーズをグローバルに展開し、世界同一仕様車で、世界統一ルールによる公平な環境の基、世界一のMX-5レーサーを目指す機会を提供する、画期的なレースプログラムです。
2年目のシーズンの開幕戦となり、SUGO、鈴鹿、もてぎ、岡山国際、富士と国内ではシリーズ5戦が行われ、その優秀者にはアメリカで行われる世界一決定戦の出場権が与えられます。
GLOBAL MX-5 CUP JAPAN公式サイト
4月15日(日)開催
ロードスター・パーティレースV
マツダロードスターのモータースポーツベース車「NR-A」によるJAF公認ナンバー付きワンメイクレースシリーズ「ロードスター・パーティレース」。「純粋にレースを楽しみたい大人たちへ」をテーマに、2002年から現在までに延べ3,700名以上のドライバーが参加しています。
今シーズンも全国地域に分かれてシリーズ戦を展開され、今大会は土曜日に北日本シリーズの第1戦と第2戦がWヘッダーで行われます。
ロードスター・パーティレース公式サイト
4月14日(土)開催
マツダファン・サーキットトライアル(MFCT)
マツダ車ユーザーであれば、車種やグレードを問わず、誰でも参加できるJAF公認のタイムアタック競技。車種や改造範囲別に36のクラスに細分化され、必要最低限の装備でも本格的な競技会に参加できる気軽さと、走りを楽しむマツダ車ユーザー同士の交流の場としても人気です。
今年もSUGOからスタートし、オートポリス、岡山国際、筑波、富士、再び岡山国際と、全国5サーキットで6戦の開催を予定しています。
マツダファン・サーキットトライアル公式サイト
4月14日(土)開催
マツダファン・エンデュランス(マツ耐)
世界最高峰の自動車耐久レースであるルマン24時間レースで唯一の優勝を成し遂げたマツダ。そのスピリッツを受け継ぐ全てのマツダ車ユーザのために企画された参加型サーキットイベントです。
2時間半の決勝レースを無給油でどれだけ長距離を走破できるかを競います。燃費重視の時間設定のため、単に速く走るだけでは良い結果は望めない、緻密な戦略が求められる正に耐久レースの魅力が凝縮されたイベントです。
SUGO、オートポリス、筑波、富士、袖ヶ浦、岡山国際と、全国でシリーズ6戦が開催されます。
マツダファン・エンデュランス公式サイト
4月15日(日)開催
JMRC東北ロードスターカップ
富士チャンピオンレースと共通規則で行われ、初代から現行までの4世代のロードスターが出場する、スポーツランドSUGOを舞台としたJAF公認ワンメイクレースです。
今大会はロードスター・パーティレースのNCシリーズと混走で第1戦が行われます。
また、同シリーズは地元、宮城県仙台市のマツダ/ユーノスロードスタープロショップ「ケンオート」が運営されています。
JMRC東北ロードスターカップ
4月14日(土)開催
エイトリアンカップ in SUGO
エイトリアンカップは、日本最大のRX-8ワンメイク走行会イベントです。チューニング別のクラス分けをレギュレーションで定め、走行タイムによって競いあいます。
2005年から12年間に渡り年間3〜5戦程度開催され、筑波サーキットを中心に、鈴鹿サーキット、岡山国際サーキットなどの国際サーキットでも開催し、スポーツランドSUGOでは今回で4回目の開催となります。

レーシングチームエイトリアン(RTE)公式サイト
4月15日(日)開催

4月15日(日)の16時から特設ステージで実施されるエイトリアンカップ 正式表彰式に合わせて、「RX-8 発表15周年記念 元開発主査片渕昇様トークショー」も行います。

※イベント内容は諸般の事情により変更となる場合がありますのでご了承ください。